エージェントを使用した就職活動のメリットとデメリット ~使う側も使われる側も経験した僕の思うこと~

エージェントを使用した就職活動のメリットとデメリット ~使う側も使われる側も経験した僕の思うこと~

こんにちは、こんばんは

就職活動にて、エージェントを使用して行うメリット、デメリットについて書いていきたいと思います。

実際に大学生のときにエージェントを使用して就職活動を行っていました。
さらに現在では会社の採用を担当しており、エージェント経由で紹介のあった人を面接しています。

エージェントに紹介される大学生、紹介してもらう採用担当を経験しているので、利用するメリット、デメリットを採用担当目線で書いていきます。

エージェントは新卒でも中途でも利用することができます。
実際に就職活動で困っている人、これから就職活動を行う人は参考にしてください。

エージェント利用するメリット

・エージェントが付いて、自分にあった求人を提供してくれる

まず就職活動をエージェント経由で行う場合は、始めにエージェントと簡単な面談を行います。
ここでエージェントは、どのような企業に適しているか判断をします。

判断材料として、企業はエージェントと就職活動者を紹介してもらう契約を行っています。
そのときに、
・どのような人を紹介してほしい
・何人ほしい
・選考フロー
・これまでの就職活動で採用した人
などを確認する打ち合わせを行っています。

エージェントと契約を結ぶだけで○十万の契約金があったりするので、
念密な打ち合わせが必要になることもあります。

企業と念蜜な打ち合わせを行っているので、
面談した就職活動者に対して、エージェントが適していると思う会社を紹介することができます。

その結果、就職活動者はある程度絞った企業から選択することができます。

ちなみに、就職活動者がエージェントに支払う金額は無料のことが多いです。
なぜ無料なのかは、最後に書いておきます。

・就職活動のフィードバッグがもらえる

エージェント会社を利用すると、
就職活動者とエージェントは二人三脚で就職活動を行うため、多くのフィードバックを行います。
行う手段は実際に会って話したり、電話で行う場合もあります。

フィードバックの内容は、
・実際に企業と就職活動者が面接を行った場合は、面接内容のフィードバック
・企業の面接で聞かれる質問の共有
・どのような人を紹介会社がほしがっているということから、面接の模範的な回答など。。。

僕は今、就職活動者と面接を行っていますが、
面接が終わった後に合否と面接のフィードバックをエージェントに連絡しています。
その情報もエージェントは報告していると思います。

・個人を採用してくれると自信がつく

紹介会社に面接に来るパターンは大きく2つあります。
1つはマイナビやリクナビに掲載してある求人票を見て来る。
もう1つはエージェントなどの紹介です。

紹介会社はマイナビやリクナビに掲載する場合、求人票の掲載期間で契約します。
そのため、契約期間内に何人面接に来て内定を出しても追加でお金が発生することはありません。

しかし紹介で面接、内定を出す場合は違います。

エージェントから紹介された就職活動者に対して内定承諾があった場合、エージェントに成果報酬を支払います。
内定ひとつに対してお金が発生します。

大まかな相場として、新卒は大体80万円前後、中途の場合は前職の年収の3分の1をエージェントに支払います。
そのためエージェントから紹介されて内定を貰った就職活動者はお金を払ってでも採りたいと思わせる価値があるということです。
ですので、自信をもって下さい。

エージェントを使用するデメリット

・求人サイトを使用した会社よりとってもらう確立が低い

メリットも書きましたが、エージェント経由で入社をする場合は、
就職活動者1人に対して紹介料がかかります。

そのため、お金を払うだけの価値がないと判断されると不合格になります。

エージェントの職業は就職活動者を企業に紹介することによってお金を稼いでいます。

・求人票が限定される

まず大手企業に就職したい場合はエージェント経由で入社することは難しいと思われます。
なぜなら、エージェントを利用しなくてもマイナビやリクナビに求人票を出していれば、ある程度の人数を確保することができます。

エージェントを利用するのは主に中小企業です。
少数の社員しかいないため、求人票を出しても人が来なかったり、
マイナビやリクナビといった大きい求人サイトに契約料を支払うのであれば、
最初からエージェントに紹介してもらう採用方法をとったほうが経費削減になります。

そのため、新卒であれば7月ぐらいからエージェントを利用する会社が増えます。
中途であればボーナス前の時期がピークのようです。

つまり、企業はできればマイナビやリクナビといった大手求人サイトに自分の会社を掲載して、
人材が集まればよいですが、なかなか難しいところがある。
そのため、エージェントを利用して人材を集める。

そのような会社の求人票が集まるため、
求人票がある会社は限定されます。

まとめと僕の感想

エージェント会社のビジネスモデルは就職活動者を会社に紹介して、
紹介料が利益になります。

この採用方法を成果報酬型と言ったりします。

就職活動者は会社に入社できて、エージェント代は無料。
なぜ無料なのかというと、
言ってしまえは、就職活動者は商品なんです。

その商品を会社に売ることによってエージェントは収入を得ます。
悪く聞こえるかも知れませんが、
全然悪くないです。

就職活動者は企業に入社できる。
エージェントは企業から紹介料をもらえる。

お互いwin-winです。
就職活動者は変な会社を紹介されないように気をつけさえすれば良いサービスです。

上記の内容を参考にしてみて
就職活動を行って下さい。

ちなみに始めに言いましたが、
僕はエージェントを利用して企業に就職して、今も紹介された企業で働いています。

また、企業で採用担当を行っているため、
エージェントに紹介をしてもらっています。

どちら側の立場も経験したことのある人です!