Uncategorized

【Docker】とりあえずrailsの環境構築を行いたい人へ!

  1. HOME >
  2. Uncategorized >

【Docker】とりあえずrailsの環境構築を行いたい人へ!

こんにちは
社畜SEです!

最近やっとdockerに手を出しました!!

ということで、今回書く記事はdockerの環境構築手順です。
Qiitaとかに環境構築手順については書いてありましたが、その通りには実施することができませんでした。
やっぱり各々すでに済ましている設定などあるから同じようにはいかないんですかね??

今回の対象者はとりあえずdockerを入れてrailsをやる人です!
使用OSはmacです。

この記事には設定ファイルなどの説明はしません。
導入手順のみです。
(僕が忘れてもこれを見返せば導入できるように書きますw)

dockerの環境構築

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

設定する環境内容

  • ruby 2.6.3
  • rails 5.2.3
  • mysql 8.0.16

設定完了までの目次

  1. dockerのインストール
  2. dockerファイルなどファイルの作成
  3. dockerのビルド
  4. mysqlの設定
  5. 起動!

単純にコピペをすれば30分もかからないと思います!

環境構築スタート

dockerのインストール

https://hub.docker.com/editions/community/docker-ce-desktop-mac
☝️にアクセスしてdockerをインストールしてください。

dockerのダウンロードには会員登録が必要になるので登録をしてください。
メールアドレスとパスワードを登録するだけなので、すぐに終わります。

ダウンロードが終わったらインストールをしてください。
アプリケーションフォルダに入れるのを忘れずに!

インストールが完了すると、dockerが自動で動き出すはずです。
直ぐには使えないので、少々待ってください(1分程度)

画面左上にあるdockerのアイコンを押して、一番上に緑の丸と、
「Docker Desktop is running」って表示していれば導入完了です!

dockerファイルなどファイルの作成

今回はとりあえずrailsが動く環境にするということで、コマンドを直で書くので自分のPCに合わせて変更してください。同じでも問題ないと思います。

いったんホームディレクトリから始めるために移動します。

freshディレクトリを作成します。ここにdockerでrailsを行うプログラムファイルが作成する様に進めていきます。

dockerを始めるために作成するファイルは2つあります。
1, docker-compose.yml
2, Dockerfile

この2つのファイルさえあれば簡単に環境構築をすることができるのが、
dockerの強みですね!

ということで2つのファイルはコピペすれば良いということで、ファイルを作成しましょう。

まずは、docker-compose.ymlから

次にDockerfile

これでdockerの準備は完了。

次にrailsの準備をします。
必要なファイルは2つ。
1, Gemfile
2, Gemfile.lock

このファイルは作って置くだけで良い。
作っておけばあとはいい感じにやってくれます。

では、ファイル作成のために以下のコマンドを入力する。

ここまで操作を行ったら念のため確認をしておきます。
lsコマンドを入力して以下4つのファイルがあるか確認してください。

  1. docker-compose.yml 
  2. Dockerfile
  3. Gemfile 
  4. Gemfile.lock

dockerのビルド

4つのファイルがあることが確認できたら、dockerをビルドしてコンテナを作成します。
以下のコマンドを入力してください。
※docker-compose.ymlがある階層で実行すること

上記のコマンドを入力したターミナルはコマンドが打てないので、
新しくウインドウを作るか、タブを新しくしてください。

次に作成したrubyのコンテナにアクセスします。
※docker-compose.ymlがある階層で入力してください

これでrubyのコンテナに入ることができます。
念のためpwdコマンドを入力して階層を確認しておきましょう。
/appであれば問題なしです。

railsのプロジェクトを作成するために以下のコマンドを入力してください。

何か聞かれたらyesで答えてください。

これでrailsのプロジェクトが完成しました。
最後にmysqlと連携すれば完了です。

mysqlの設定

次にmysqlのコンテナに入り直すので、新しくウインドウを用意するか、exitコマンドでコンテナを抜けてください。

freshのフォルダのconfigの中にあるdatabase.ymlを編集します。
(fresh/config/database.yml)

最初に作成したGemfileを編集する。

Gemfileの中にgem ‘sqlite3’ という表記されている内容を
gem ‘mysql2’
に変更する。

$ docker-compose up --build のコマンドを入力したターミルで
「control + C」
キーボードで入力すると
dockerを一度停止します。

その後再度$ docker-compose up --buildを入力してビルドを行う。

起動!

最後に再度以下コマンドを入力する。

rubyのコンテナにアクセスして以下のコマンドを入力する。

DBが作成される。
ちなみにmysqlのユーザーはroot。パスワードもroot。

以下のコマンドを入力してrailsをスタートさせる。

ブラウザにlocalhost:3000を入力するとrailsの画面が表示されれば環境構築完了!!!

お疲れ様でした!

-Uncategorized

© 2020 おでんこのブログ Powered by AFFINGER5