会話

【ビジネス】人に質問をするということは、相手の時間を奪っている

  1. HOME >
  2. 会話 >

【ビジネス】人に質問をするということは、相手の時間を奪っている

こんにちは。
25歳社蓄SEです。

分からないことって多いですか?
僕は技術の現場だから、分からないことってめちゃめちゃ多いです。
新人の時はひたすら質問していました。
分からないことがあったら直ぐに聞いてね」って言われたら聞いちゃいます!!
3年たって聞かれる側になってきたこのごろ、表題の件を意識するようになりました。

僕の経験で記事を書いているので、他の意見がある場合は聞いてみたいです!

質問することは悪いことではない

質問をするのは仕方のないこと。
わからないことがあるのは当然です。
でも教えてもらえて当然ではないと思います。
新人教育の為の工数を加味してスケジュールを立ているなら別ですが、大抵の人は自分の仕事の中で時間を作って教えているのではないでしょうか?
ですので、せめて質問するときは、教えてもらう為の準備をして出来るだけ時間をかけない努力をすることが大切だと思います。

会社での話を出しましたが、教えてもらうという状況は多々あると思います。
せっかく相手は時間を割いて説明してくれるんです。
相手の為に聞く準備をしましょう。

最低限質問をする前に準備しておくこと

4つ記載します。

  • 質問するまでに至った経緯を伝える
  • 疑問点を解消するために行なったことを伝える
  • 疑問点を解消するために行なったことを伝える
  • 考察してみるのもあり

質問事項をまとめる

当たり前ですが質問したいことがあるはずです。
箇条書きでまとめることをお勧めします。
頭で箇条書きにするのではなく、可視化しましょう。

なぜなら、質問の回答をしてもらった時にメモをしておく為です。
再度同じ質問をしたらまた時間がかかります。その為に質問する事は必ず書いておき、メモをしてください。

質問するまでに至った経緯を伝える

「分からない事が分からない」って思ったことはありませんか?
僕はありますし、言ったこともあります。
でもそれでは、相手はもっと分かりません。。。

分からなくなった経緯を説明して、自分の欲しい情報の回答をしてもらいましょう。
分からないと思うからには、何かしらあるはずですよ!!

疑問点を解消するために行なったことを伝える

疑問点が出た時に解決方法を探した事をアピールしましょう。
「分からない」をわからないなりに調べると、相手も「それならしょうがない」という気持ちで、きちんと説明してくれます。

調べないでそのまま聞くと、わからない内容を理解しないまま説明を受けることになるので、内容が定着されません。
また、説明されたことも理解できないため、すぐに???ってなります。
ある程度調べておくと、説明された情報も初見ではなく、2回目の時は説明されることによって自分の中で整理がつきます。

説明する相手も忙しいはずです。何も調べずに分かりませんときたら、ちょっとは調べてほしいと思っている。。。はず。。。。

google先生は偉大です。困ったら最初に人ではなく、ネットに聞いてみましょう。

考察してみるのもあり

先ほど分からないことは調べて、それでも分からないなら質問したほうが良いと言いました。
しかし、調べる内容1つで30分、1時間と調べていたら時間はもったいないです。

そういう時はある程度、調べた情報から考察を行い、その内容とともに質問を行えばよいと思います。

まとめ

google先生は偉大

私はシステムの業界で働いているので、業務時間はパソコンとにらめっこしています。
ですので、分からないことがあると直ぐにgoogleを開きます。
プログラムやシステムのことについて、google先生に聞けば大抵解決します。
少し大変なことは、僕が知りたい情報の記事は言語が日本語でなく、英語が多いことくらいです。

分からないことがあったときに、google先生に相談するという選択肢がない人は置いてかれてます。
困ったことがあったらgoogle先生に相談しましょう。

質問だけじゃない

分からないことを質問する以外にも該当するケースはあると思います。
ミーティングで認識の共有であったり、打ち合わせの準備だったり、作業報告をする際にも利用できると思います。
この記事の内容を意識している人と話すときは、スムーズに話が進むと思います。
また意識している人は、相手に自分の分からないことをメールなどで送ってから質問します。
ミーティング前にはアジェンダなどを作成すると思います。

このような意識を一緒にしていきませんか??

僕もがんばります!

おわり

-会話

© 2022 おでんこのブログ Powered by AFFINGER5