【泥酔確定】巷で有名なワインオセロ

【泥酔確定】巷で有名なワインオセロ

25歳社蓄SEです。
記事を書いているのが1月が終わった、2月1日金曜日です。
年明けてから1月がやっと終わって、酔っ払いたい気分なのでこの記事を書こうと思いました。
紹介するのはワインオセロ。簡単に説明するとワインでオセロをやります。
詳しくはこの記事を読んでください。

未成年はブラウザバックしましょう。

ワインオセロについて

  • その1:ルール
  • その2:用意するもの
  • その3:戦法紹介
  • その4:ワインオセロ→実は平等の戦いではない
  • その5:楽しさ紹介

その1:ルール

基本的にオセロと一緒です。

8×8の盤面の中央に白ワインと赤ワインを2個ずつ置いて準備完了です。
普通のオセロは挟んだ石をひっくり返して自分の色に変えます。
しかし、ワインオセロは少し違います。

ひっくり返すには相手のワインを飲まないといけません。

勝利条件は盤面上で自分のワインの数が多いことです。

ですが、もしかして人によって勝利条件は違うかもしれません。
できるだけ飲まないで試合には負けるが酔わないという意味で自分に勝つ、
すごく酔ってハッピーな状態で試合に勝つ。
などなど。。。

罰ゲームなど設定しておくと個人的には楽しさ倍増です。

結果的にその辺は自由です。

その2:用意するもの

  • 赤ワイン
  • 白ワイン
  • ショットグラス
  • 紙(オセロの盤面を書く)

2人でやるときは、赤ワインと白ワインを2本ずつ買えば足ります。(合計4本) 経験上では大体1人1.5本くらい飲みます。
4人以上いるときは3本以上は欲しいところですね。

ショットグラスがある人はショットグラスを使うのが良いと思います。
ただしオセロをやるためには、8×8で64こ必要ですので、ほとんどの人は厳しいでしょう。
そんなときは小さいクリアコップが数百円で売っています。
個人的に紙コップではなくクリアカップが良いです。透明だと雰囲気が出ます!!

盤面は紙に書きます。そんなの必要ないと思った人!甘いです!!
端にワインを置くのはゲームの終盤なので、とても便利です。

その3:戦法紹介

オセロでは角を取ったほうが強いですが、ワインオセロでは違うと思います。
内側を制した方が強い説が農耕です。
ある意味自分との戦い的なところがあるので、角が強い説は薄いかもしれません。

早めに相手に飲ませることができれば、オセロが終わる前に相手が呑めなくて終わります。。。

その4:ワインオセロ→実は平等の戦いではない

普通のオセロの白黒はもちろん平等です。
しかしワインオセロは違います。
違うところはアルコール度数!
赤ワインは14%前後、白ワインは11%前後。
つまり白ワインのほうが若干有利になります。

勝負に勝ちたかったら白ワインを飲むようにしましょう。

その5:楽しさ紹介

特に説明する必要はないです。
ただ飲むペースが早く酔っ払えるというところだけです。

感想

最後ですが、言っておきます。
たくさんのアルコールを摂取するので、十分に気をつけてください。
もちろん責任は取れません。

そこそこ飲める人はおすすめします。
一時ではありますが、とても楽しい思い出が作れますよ。
動画を撮影しながらやると、楽しいですよ。酔いが回っているころには動物園状態です。
人生何事も経験です。一度は経験してみませんか?

おわり